FlexPro:CANopenモデル

FlexProイメージ図

FlexProにCANopen通信に対応したモデルが追加されました。
CANopenは、安価な実装コストと全体的な堅牢性により、モーションコントロール業界で数十年にわたって普及しているネットワーク通信プロトコルです。
CANopenサーボドライブはAMC社のデジタル製品ラインの定番であり、FlexProでもご利用頂けるようになりました。
 

1.製品概要

FlexProはADVANCED Motion Controls 社が開発した、手のひらに収まるほど小型なサーボドライバです。FlexProシリーズは最大4.4KWの定格出力モデルもあり、ネットワークもEtherCAT,CANopen,RS-485/232ごとにモデルを用意しています。また、基板実装の標準タイプ(FEシリーズ)の他にも、扱いやすいコネクタ接続の組込タイプ(FMシリーズ)、開発者がすぐに評価・導入ができるようにインターフェイス基板に半田付けした評価ボードタイプ(FDシリーズ)も用意しています。ネットワーク対応や定格電力もFEシリーズと同等です。購入後すぐの実装や評価にはFM、FDシリーズがお勧めです。
 

2.CANopen 対応モデル

CANopen対応モデルです。
製品の概要性能は表2-1をご参照ください。
各製品についてはこちらからご参照ください。(現在メンテナンス中)

2-1:CANopenモデルの性能

製品名FE060-*-CMFM060-*-CMFD060-*-CM
サイズ(mm)38.1×25.4×16.050.8×25.4×26.0114.3×91.4×26.0
質量(g)22.748.2178.5
連続定格電力(kW)0.3~1.3、3.2
連続定格電流(A)5~60
※製品名の*に値が入ります。
供給電圧(VDC)10~55
対応ネットワークCANopen
適応モータブラシ付き DC モータ , ブラシレス DC モータ , ステップモータ(2 相)
フィードバッグインクリメンタルエンコーダ ,絶対値エンコーダ( BiSS -C)
制御モード位置、速度、トルク(電流)
機能安全安全トルクオフ(STO)